育毛と食材⑧ うなぎ



ーうなぎに含まれる育毛に効く成分ー


(c) .foto project
・ビタミンA
血行不良によって起こる頭皮の凝りをほぐしてくれます。

・ビタミンE

抗酸化作用によって頭皮の状態を良くしてくれます。

・ビタミンB1

疲労回復に役立ちます。頭皮に対してはストレスを緩和してくれる作用がありますので抜け毛予防に効果的です。血行も良くします。

・ビタミンB2

健康な髪を維持するために必要です。美容効果があります。

ーうなぎの効果的な摂取方法ー

・かば焼き

普通にかば焼きとして食べる方法が人気です。うなぎの骨もカルシウムが豊富で栄養価が高いです。うなぎの身はもちろん、胆や骨も全部髪に良いので残さず食べたほうがいいでしょう。

・ビタミンC

うなぎにはビタミンCが含まれていません。しかしビタミンCは頭皮に栄養を運ぶという大切な役割をしてくれます。

よって、うなぎと一緒に緑黄色野菜や柑橘類といったビタミンⅭを多く含んだ食材を一緒に食べるとバランスが良くなります。

・うなぎの皮

うなぎの皮にはコラーゲンが多く含まれています。コラーゲンには美容の効果もあり、頭皮に栄養を与えます。髪を丈夫にする効果もあり、髪の健康に役立ちます。

・うなぎの胆

ビタミンAが多く含まれているのがうなぎの胆の部分です。

うなぎと一緒に胆吸いとして食べるのがいいでしょう。うなぎ1匹のビタミンAで成人1人分のビタミンAが摂取できます。うなぎは驚くほどの栄養分を持っているので、食材として無駄なく摂取できます。

 

また、最近では価格の高騰によりなかなか手に入りにくくなりましたが、育毛対策にうなぎを食べる場合には、1日当たり100~200ℊを目安に摂取すると良いでしょう。

特に養殖のうなぎは5~8月のあたりが旬で栄養が高いため、この時期に集中的に食べるのもいいでしょう。


にほんブログ村

にほんブログ村


育毛・発毛ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です