育毛と食材⑤ しょうが



ーしょうがに含まれている 育毛が期待できる成分ー

 

① ジンゲロール

ジンゲロールは生のしょうがに含まれている成分で、しょうがの辛みの成分の一つとして知られています。

ジンゲロールには殺菌作用があり、お寿司などの生魚に添えられているのが代表的なしょうがの使用例です。

さらに、血行促進作用と免疫力の向上効果があり、育毛にも有効です。

血行が改善できれば十分な栄養を頭皮に届けることができますし、免疫力と体温は密接に関係しているため免疫力が向上すれば体温の上昇のもつながり、結果的に血流改善にもつながります。主に端の血行を良くします。

 

② ショウガオール

ショウガオールは加熱することでジンゲロールが変性して生成されるしょうがの成分です。

ショウガオールには、血行促進作用と抗酸化作用があります。前述のように血行が良くなり頭皮の酸化を防ぐことができれば育毛効果が期待できます。

血行促進作用があるのはジンゲロールと同じですが、違いはショウガオールには体の深部に熱を生み出すのが特徴です。

 

③ ショウキョウエキス

ショウキョウエキスはしょうがの根茎に含まれる成分で、抗菌作用もあり化粧品にも多く使われている成分です。

育毛に関する効果としては、血行促進と抗酸化作用があります。

抗酸化作用によって、体内の活性酸素の増加を抑え、毛母細胞の正常な働きを促すため、健康な髪を生成することができるのです。

また血行促進作用によって、血行不良による頭皮の栄養不足も解消できるため、薄毛の改善効果も期待できます。

ーしょうがの適切な食べ方・利用方法ー

前述したように、しょうがはジンゲロールという成分が加熱することによってショウガオールに変わります。

どちらの成分も効果は基本的には同じですが、ショウガオールの方が抗酸化作用が増すという説があるようです。

またショウガオールの方が辛みが強いため、体を温める効果もショウガオールの方が強いと言われています。

そして加熱したほうが消化しやすいので、食べるときは加熱したほうが適切といえるでしょう。

よって、手軽にしょうがを摂取する方法としては、加熱したしょうがのしぼり汁を野菜ジュースやお茶に混ぜて摂ることもできますし、しょうがのしぼり汁をガーゼなどに浸し、薄めたもので頭皮をマッサージするという方法もあります。

 
にほんブログ村

 
にほんブログ村

育毛・発毛ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です