育毛と食べ物⑦ ビタミンB群

 

☆ ビタミンB群とは? ☆

摂取したタンパク質を体内でアミノ酸に分解するために必要なビタミンです。

ビタミンB群は、全部で8種類あり、それらを総称して、「ビタミンB群」と言います。

その8種類は

ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB3(ナイアシン) ビタミンB5(パントテン酸)

ビタミンB6 ビタミンB7(ビオチン) ビタミンB9(葉酸) ビタミンB12     です。

その中でも、特に育毛に効果があると思われるものを紹介します。

 

① ビタミンB2

・皮脂の過剰な分泌をコントロールします

皮脂の分泌をコントロールすることにより、頭皮の清潔を保ちます。ビタミンB2が不足すると、フケが出たり皮脂が過剰に分泌され

て頭皮の状態が悪くなり、抜け毛、薄毛の原因となります。

・毛母細胞を活性化します

毛母細胞は、分裂を繰り返して毛髪を形成していますが、それを活性化することで、健康な髪がつくられます。

※ 主な食材・・・レバー、ウナギ、納豆、乳製品 等

 

 

② ビタミンB6

詳しくはこちらの記事をご覧ください

 

③ ビタミンB7(ビオチン)

ビタミンB7(ビオチン)には、以下のような効果があります。

・髪の毛を太く、丈夫なものにする

ビオチンには、コラーゲンの生成やアミノ酸の形成を助け、髪の主成分であるケラチンを作る働きがあります。

アミノ酸の働きが活発になると、コラーゲンが毛乳頭を刺激し、太く、丈夫な髪の毛を作り出します。

・頭皮の血流を改善する

髪の成長のためには、毛細血管が運んできた栄養素が不可欠です。毛細血管の流れが良くなると、十分な量の栄養素が頭皮に運ばれて、髪が育ちやすくなります。

・頭皮を炎症作用から守る

頭皮は紫外線の影響を受けやすく、薄毛の原因となります。

ビオチンは炎症を抑えて、髪の新陳代謝を促進する役割があります。

※ 主な食材・・・鶏レバー、あさり、ししゃも、納豆 等

 

④ ビタミンB12(葉酸)

葉酸には、新しい赤血球を作るためには欠かせません。

赤血球には、細胞に酸素を運んで、不要な二酸化炭素を受け取る働きがあります。酸素不足になると貧血を起こしやすくなり、頭皮も元気がなくなり、炎症を引き起こす原因にもなります。

※ 主な食材・・・牛レバー、あさり、しじみ、かき、焼きのり 等




ビタミンB群に含まれる食材は、様々多種多様なものがあります。普段の食生活で、バランスのよいビタミンB群の食材を摂取することで、育毛にもより効果が増してくるのではないでしょうか?


にほんブログ村


にほんブログ村


育毛・発毛ランキング
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です